ちゅらりもの代表成分を詳しくご説明します!

ちゅらりもの口コミを見ていると、「毎日使っても肌が荒れない!」という口コミがあります。つまり、ちゅらりもについてはそのくらい優しい成分を使っているということですね。

 

では、ちゅらりもって一体どんな成分を使っているのでしょうか?もしも自分の肌に合わないような成分なら先に知っておきたいですよね。ここでは、ちゅらりもの成分についてご紹介いたします。

 

【ちゅらりもの代表成分をコレ!】
ちゅらりもには、4つの代表成分があります。この代表成分には、除毛成分以外に肌を守ってくれる成分も含まれています。早速チェックしてみましょう!

 

〇チオグリコール酸カルシウム
多くの除毛クリームに入っている、厚生労働省が認めている除毛成分になります。タンパク質と結合して溶かしてくれるため、むだ毛も溶かす働きがあります。

 

〇グリチルリチン酸2K
抗炎症作用があるため、除毛した後の乾燥した肌が炎症してしまうことを防ぎます。また、抗アレルギー作用もありますので肌が敏感だという方でも安心して使用出来ます。

 

〇大豆エキス
女性ホルモンに似た働きをする成分になりますので、抑毛効果を期待することが出来ます。また、大豆エキスに含まれているイソフラボンには肌を潤す作用があるので、肌バリアを強くしてくれます。

 

〇アロエエキス
昔から薬としても使われるくらいに色々な効果が期待出来る成分です。その代表的な効果には、便秘改善効果やシミやそばかす抑制効果、肌トラブルを改善してくれる効果があります。

 

以上が、ちゅらりもの代表的な成分になります。ちゅらりもについては、これ以外にもサクラ葉抽出物やカッコンエキス、クロレラエキスや尿素、流動パラフィンなど、肌に良い影響を与える成分が沢山入っています。

 

そのため、口コミではエステに通ってきたような肌になると投稿されていることが多いです。

 

【ちゅらりもの成分は安全?】
では、上記でご紹介した成分については安全なのでしょうか?結論を言いますと、基本的には毎日使っても肌荒れしないくらいの安全な成分になっていますが、人によっては肌荒れする可能性もあります。

 

特にチオグリコール酸カルシウムという成分はむだ毛以外にも肌も少し溶かしてしまう作用がありますので、本当に肌が敏感な方ですとチオグリコール酸カルシウム自体が受付けないという人もいます。このような方は使用しないことをおすすめします。

 

【ちゅらりもの成分についてのまとめ】
ここでは、ちゅらりもの成分についてはどのような成分が入っているのか確認してみました。すると、ちゅらりもの代表成分については「チオグリコール酸カルシウム」「グリチルリチン酸2K」「大豆エキス」「アロエエキス」が入っていることが分かりました。

 

また、この4つの成分以外にもちゅらりもには肌に美容効果を与える成分が多く配合されているので使用した後は肌をしっかりと潤すことが出来ます。

 

基本的には肌にも優しい成分ばかりなので、使ってみたい方は使用してみてくださいね!

 

>>ちゅらりもの詳細はこちら